« 行く末。 | トップページ | ハッスル!! »

2009-04-30

ノアくんの思い出スナップ。

ノアくんは外の猫社会で生まれましたが、瀕死の状態でいたところを月齢2ヶ月弱で保護されました。

猫に無知な私に。。。

なので、気が付けば犬としか交流のない生活。

2009_4_25_5

み)ここのスイーツ最高ね。

食いしん坊な白い犬の行きつけのカフェへ行ったり。

2009_4_25_4

く)イエーイ!!

2009_4_25_3

無理して籠に入るハイテンションな黒い犬の真似をしてみたり。

2009_4_25_9

く)食っちゃうぞー!なんちってーーーー!!!

その黒い犬に襲われてみたり。

2009_4_25_7_3

自分は犬かもしれぬと思ったであろう。

2009_4_25_8

でもやっぱり猫なので木にスリスリしたり。

2009_4_25_10

犬と共に、犬をお手本に、犬のように育ちました。

が、1年後、月齢4ヶ月のつくねを外の猫社会から保護。

つくねによって、猫だということに気づいた模様です。

お散歩嫌いになりました。

2009_4_25_1

の)お散歩はもう結構。

ちょっと残念です。

一人っ子時代の秘蔵お散歩写真をもうちょっと、後日公開予定。

猫ブログ村 クリックよろしくです!!ブログランキング

|

« 行く末。 | トップページ | ハッスル!! »

コメント

それぞれ、様々なドラマがありますね。
癒されます。
最近もんたも、自分も猫なのかと自覚してきたようです。

投稿: もんた | 2009-04-30 22:07

流石かしこいノアちゃん、あれ?自分はこっちの白い子よりこっちの黒い子に似てるな、って解ったんでしょうね(o^-^o)

ノアちゃんの猫の自覚、嬉しいような、寂しいような、ですね。

投稿: フラミンゴ | 2009-05-01 07:33

もんたさん
不思議です。
そもそも、自分が猫と暮らしているのが不思議です。
もんたくんは、自分は人だと思っていたのかしら?
急に6匹もの猫と暮らすことになって、さぞかし困惑したでしょうね。
もんたくん発見以来、もんたくんの成長を見るのが毎日の日課になっています。

投稿: アリス | 2009-05-01 08:26

フラミンゴさん
ノアくん猫なのに、当時はくるみの乳をすっていました。
といっても、くるみも♂ですし、何も出ないのですが。。。
犬が親代わりみたいでしたね。
ノアくんはつくねのこと大好きなので、お散歩よりもつくねと一緒にいたいのかもしれないです。

投稿: アリス | 2009-05-01 08:30

謎が解けました!
ウチの姫様は僕と二人っきりで暮らしてるから、自分を人だと思っているのですね!

うーむ、というか僕も猫になりたいですw

投稿: 黒猫使いの鈴木@ジム | 2009-05-12 16:30

鈴木さま
漆黒ちゃんは、間違いなく人でしょう。
外での堂々とした出で立ち、制服姿、カフェでの様子。
犬が隣の席にいても、「あ、犬だ。ここペット可だもんね。」くらい思ってそうです。
漆黒ちゃんは人ですね。
うちは猫だって知ってるみたいです。

投稿: アリス | 2009-05-13 20:41

この記事へのコメントは終了しました。

« 行く末。 | トップページ | ハッスル!! »